ブログトップ

地下鉄風

aikiki.exblog.jp

ガネッシュとバイラブ

a0002447_23511672.jpg

谷甲州「星空の二人」読了。

なかなかの佳作ぞろいの好短編集。
おおむねバカSFとメロSFで、だいたい近未来の宇宙が舞台の標準構成。
なんだか唐突な感じで終わってしまうのが共通の印象。

表題作も良いが、「ガネッシュとバイラブ」が一番だと思う。
ともにパイロットを失った逃亡する宇宙船と追撃する宇宙船が、二万年後に出会う。この距離感というか宇宙感というかSFでしか味わえないイメージの美しさとキレを堪能できる良作である。
[PR]
by aikiki2001 | 2005-06-22 00:02 | ほん | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aikiki.exblog.jp/tb/2038045
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 宝塚的中! ぬ…額田銀一郎の年譜 >>