ブログトップ

地下鉄風

aikiki.exblog.jp

エンドスイープ

エリザベス女王杯レース回顧

a0002447_225398.jpg


エリザベス女王杯について言えば、展開の利があったとはいえ、ダイワスカーレットが牝馬で最強であり、3歳では牡馬をあわせても最強を示したレースだったと思う。ウオッカが出てたらどうかというのは分からないけど。

しかし、である。スイープトウショウが-10kg(前走+18kg)とかであればひょっとしたら、と思うのである。たとえ入着していなくとも最速の上がりは譲らない、という強烈な末足での勝利をもう一度見たかったなと思う。

写真は一昨年の宝塚記念。スイープトウショウで当てた唯一の馬券。有馬で出てきたら何倍であろうと単勝を買っただろうに…。

あとは末足の切れる仔を生んでくれよ、と思うのだが、こんな気性Dの牝馬じゃろくな仔が生まれんのじゃないかという見方はダビスタ出身競馬ファンの偏見でしょうか?
[PR]
by aikiki2001 | 2007-11-12 22:22 | すぽーつ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aikiki.exblog.jp/tb/6435032
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< おにもつパイプ アントニオ猪木の功罪 >>