ブログトップ

地下鉄風

aikiki.exblog.jp

<   2006年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

抜群のアラビアンファンタジー

アラビアの夜の種族〈1〉 | Excite エキサイト ブックス > 書籍情報

a0002447_23445696.jpg


古川日出男「アラビアの夜の種族」読了。

読む物を破滅に導く「災厄の書」とか、翻訳書のスタイルを最後まで貫くとか、凝った仕掛けがあるが、そんなものは不要に思える。

とにかく、中身のアラビアンファンタジーが面白い。終盤、単なるゲーム小説に堕してしまった感はあるが、中盤までは抜群の出来だと思う。
[PR]
by aikiki2001 | 2006-09-26 23:52 | ほん | Trackback | Comments(0)

全部合格だが…

Yahoo!インターネット検定

a0002447_10581599.jpg


ヤフーのインターネット検定で無料のものを全部やってみた。

全部合格

ただし、簡単なので自慢になるのは将棋の1級だけだろう。
これで手続きさえすれば、将棋連盟から免状をもらえるはずである。
しかし、将棋倶楽部24では9級。こちらの方がよっぽどリアルな実力を判定している。

将棋倶楽部24で1級。
どうやっても無理だと思う。
[PR]
by aikiki2001 | 2006-09-24 11:10 | しょうぎ | Trackback | Comments(0)

青ナノ購入

iPod

a0002447_11285417.jpg


iPod nano 4GB 青 購入。

思ったより青が強い。思ったとおり薄い。
そもそも2世代前のiPodの調子が悪くなったので、今度はハードディスクじゃないやつにしようと思ってnanoなのだが、無くしてしまいそうなくらい頼りない。大丈夫か?
[PR]
by aikiki2001 | 2006-09-23 11:36 | かいもの | Trackback | Comments(0)

「まぼろし」について、「Holy ground」について

a0002447_2011642.jpg
ウジウジしてるなぁ、自分。

GARNET CROWの新曲「まぼろし」は、良いと思う。低い所からしっかり立ち上がってゆく感じで、なかなかである。個人的には「夏の幻」より「まぼろし」の方が好きだ。

最近は、シングルよりもカップリング曲の方が当たっていたが、この「Holy ground」のリミックスは頂けない。「Holy ground」のオリジナルバージョンは、GARNET CROWの中でも屈指の名曲だと思うが、このリミックスは、わざわざボーカルに合わない音を付けたみたいな駄作である。原曲の良さをそこねていると思う。

旧曲を使いまわすなら、リミックスよりも岡本ボーカルを持って来い!
[PR]
by aikiki2001 | 2006-09-22 20:29 | おんがく | Trackback | Comments(0)

するりと入って印象に残らず

雪沼とその周辺

a0002447_21344324.jpg


堀江敏幸「雪沼とその周辺」読了。

とある片田舎を舞台にした地味な小話が七編の短編集。

文章の感触が良く、するりと入って印象に残らず、軽く読了してしまった。
良い小説だと思うが、今読みたいものでは無い、といった所か?
[PR]
by aikiki2001 | 2006-09-19 21:42 | ほん | Trackback | Comments(0)

全然別世界とは言えない

古谷実の生態観察劇場!『わにとかげぎす』

a0002447_13425870.jpg


古谷実「わにとかげぎす①」読了。

妄想癖の激しいやや暗いマイナーな若者をリアルに描く、という毎度おなじみの設定。話が軽い方向に行くのか重い方向に行くのか判らないあたりも毎度おなじみの展開。著者も連載開始時には決めていないのではないかと思う。そのあやうさが一つの魅力になっていると思う。

今回は、主人公が同世代であり、置かれた境遇は違うが、全然別世界とは言えない。妙に共感する部分もあり、身につまされるマンガである。

ヒミズのような悲惨にならなきゃいいなと思う。
[PR]
by aikiki2001 | 2006-09-18 13:56 | まんが | Trackback | Comments(0)

良い所でさっと幕を引く

「街の灯」

a0002447_22301237.jpg


DVDで「街の灯」見ました。

よく出来ているなあ、と思いました。
コミカルな動きでサクサク進む展開が良いですね。
ただ、声を出して笑うほど面白いという感覚は無いです。

ラストシーンは素晴らしいと思います。
悲劇にも大甘にもしないで、良い所でさっと幕を引く。
今の映画ではありえない終わり方が新鮮に思いました。

いかにも北村薫が好きそうな感じですね。
[PR]
by aikiki2001 | 2006-09-15 22:30 | くるぶし | Trackback(1) | Comments(1)

正しい書評本

9月1日 「文学賞メッタ斬りリターンズ」

a0002447_2135210.jpg


大森望/豊崎由美「文学賞メッタ斬り!リターンズ」読了。

前作以降、2年分の芥川賞・直木賞選考のメッタ斬り+アルファ。あいかわらず、ダメなモノはちゃんとダメと言う正しい書評本である。このまま2年毎に続編が出るのなら、買って読むと思う。

芥川賞・直木賞受賞作読むより、この2人の評価の方がよっぽど信用できるだろうと思うが、本当の所はどうだろうか?ある程度、数読まないと判らないなあ。まず、50代のおっさんのように、文芸春秋買って受賞作と選評を読んでみるのが良いかもしれない。

とりあえず、評価の高い

堀江敏幸「雪沼とその周辺」
町田康「告白」
橋本治「蝶のゆくえ」
宇月原晴明「安徳天皇漂流記」

あたりを読むとするか。
[PR]
by aikiki2001 | 2006-09-11 21:29 | ほん | Trackback | Comments(0)

ハニーレモンから黒に

MOBILE

a0002447_2057376.jpg


不測の事態が生じ、ケータイの機種変更。
N252iからSIMPURE Nに。
ハニーレモンから黒に。

音楽はiPodでカメラはルミクロで良い。
電話ちょこっと、メールちょこっと、あとは電車の乗り換えくらいが判れば良い。
テレビ見れたら良いかもしれないが、必須条件ではない。

という条件からの選択。
機能的に問題なく、比較的ちっちゃいのでまずまずかなと思う。
だけど、本当に何にも無いね、このケータイ。
2年半ぶりの機種変なのに目新しい要素が何にも無い。
海外でも使えるのが売りだけど、今のところ海外に行く予定無し。

どうせたまにしか機種変しないのだから、やたら多機能なヤツにしても良かったかもなぁ。
[PR]
by aikiki2001 | 2006-09-10 21:08 | かいもの | Trackback | Comments(0)

すごい小説では全然無い

「ダヴィンチ・コード」 ダン・ブラウン

a0002447_157388.jpg


ダン・ブラウン「ダ・ヴィンチ・コード」読了。

ダイイング・メッセージってのはミステリで最もつまらないトリックだと思う。
追いつ追われつの旅番組的アクションも連続暗号解きも平凡だと思う。

はっきり言って、すごい小説では全然無いと思うのだが、読んでみるとかなり面白い。キリスト教の背面史なんて全然知識無かったので実に新鮮で興味深かった。

ベストセラーに背を向けないで、普通に読む。やはりそうすべきなのか?
それでも捨てるべきは捨てる方が賢いと思うのだが…
[PR]
by aikiki2001 | 2006-09-08 02:11 | ほん | Trackback | Comments(0)