ブログトップ

地下鉄風

aikiki.exblog.jp

<   2007年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

検索する人々

アクセス解析

a0002447_2056928.jpg


ネームカードの付録として、このブログを検索して訪れる人の数を見ることが出来る。まれにしかコメントやトラックバックが無い現状としては、唯一の(やや暗い)楽しみである。

この10ヶ月の検索ワードランキングを集計すると下のとおり。

1. ガーネットクロウ 310
2. ワールドカップ 勝敗予想 31
3. レベッカ フレンズ 29
4. 鬼束ちひろ 22
5. 室田伊緒 14
6. リスの檻 13
7. 小麦粉の比重 11
7. スゴ録 (+α) 11
9. His Voyage 10
9. 愛内里奈 10

あまりに一般的なワードでは検索エンジンの上位になるはずも無いので、ややマイナーなワードが並ぶのは当然。ガーネットクロウが圧倒的なのも当然ですな。

室田伊緒、リスの檻、小麦粉の比重、His Voyageに関してはかなり上位サイトなのか?
それって何?って人はぜひ御検索下さい。
[PR]
by aikiki2001 | 2007-02-27 21:12 | くるぶし | Trackback | Comments(0)

ほぼ初リピート

播磨アルプス

a0002447_20323959.jpg


今年の山開きは高御位山。妙見山の2回の断念と的場山のサブピーク登頂ってのはあるが、一度登った山の頂上に再び立つのは初めてである。

前回北山登山口から登ったが、今回は長尾口からの直登コース。リュックも持たず、缶コーヒー片手に登るというなめた姿勢で臨む。

思ったよりはしんどいけど、手軽に良い景色を楽しめる山であると改めて認識。

兵庫登山会の看板が外され、代わりに四国キティ山岳会なる謎の団体の看板が掛けられていたのは何故だろう?
[PR]
by aikiki2001 | 2007-02-25 20:47 | すぽーつ | Trackback | Comments(0)

枝垂

a0002447_1645460.jpg


山田風太郎「かげろう忍法帖」読了。

忍法帖ではあるが、シャープなミステリ短編集といった趣き。「忍者枝垂七十郎」とかすごく良くできている。著者の忍法帖読めば、それなりに楽しめる事は分かっているが、ミステリの方読んでみるのも良いかなという気がする。
[PR]
by aikiki2001 | 2007-02-18 16:25 | ほん | Trackback | Comments(0)

読みたくなる季節

a0002447_1932156.jpg


「SFが読みたい!2007年版」だいたい読了。

昨年のベストとともに2000年代前期のベストが付いている。両者を眺めてみると、やはり「グラン・ヴァカンス」「ラギッド・ガール」「万物理論」はさっさと読むべきもののよう。あと、山本弘と小川一水も読まない手は無い。

「シャングリラ」「イリアム」「膚の下」あたりは文庫化のタイミングで良いかな?
[PR]
by aikiki2001 | 2007-02-17 19:43 | ほん | Trackback | Comments(0)

予選通過!

予選7級リーグ45番の決意

a0002447_1605667.jpg


将棋倶楽部24の第12期名人戦予選7級60人リーグ結果。

20勝21敗、勝ち点81で16位。予選突破

表の通りの大激戦で、数だけこなせば予選突破できるような状況ではなかった。中盤、負けが込んできたあたりでは危ないかもしれんと思った。

まあ名人戦に限った事では無いが、終盤の甘さが大きな課題である。作戦勝ちから攻め込んでるけど自玉は薄いといった局面できっちり勝つ鋭さが欲しい。

あと、右四間の急戦はもっと警戒すべきかも知れない。様子を見てから銀を上がるべきか、矢倉にすべきか、あるいは四間飛車とか三間飛車をやってみるか?ちょっと実戦で試してみようと思う。

うまくいけば、香車のタイトルも可能性が無いわけではないと思っている。
[PR]
by aikiki2001 | 2007-02-12 16:18 | しょうぎ | Trackback | Comments(0)

評論家法月パロディ、読者編

日誌

a0002447_13563480.jpg


法月綸太郎「複雑な殺人芸術」読了。

ミステリ解説を集めたものだが、実作を読んで無い、あるいは読む気が無いと意味が無い。
ただし、著者の小説や評論を読んでいると頻出するエラリー・クイーン論についてまとめて長い評論が読めるという点は良い。

しかしまあ、難解ですな。小説家は難しい事考えるが、読者はややこしい部分は読み取らない、あるいは読み取れない。評論家は小説家の意図する所を読者に伝えようと努力するあまり、小説家が意図してないような難解な論理を構築してしまう。で、結局読者は受け取れない。この場合、小説家・評論家・読者の関係は、犯人、探偵、被害者の関係と…

ってな感じの文章は自分だけが楽しくて、他人が読んでも楽しくないのだろう。
評論に対する評論は自己矛盾を孕んで、どこまでいっても堂々巡り…

…ダメだな。
もっとカッコいい文章を書きたいものである。
[PR]
by aikiki2001 | 2007-02-11 14:19 | ほん | Trackback | Comments(0)

こっちは子供向け。

本日の借物

a0002447_2128361.jpg


法月綸太郎「怪盗グリフィン、絶体絶命」読了。

よく出来たスパイ小説ではある。
子供が読んだら喜ぶ、あるいは子供には不要なくらいきっちりひねりが利いている。

しかし、これは本当に子供向けに仕上がっているのだと思う。大人には乙一の方が良さそう。
[PR]
by aikiki2001 | 2007-02-04 21:33 | ほん | Trackback | Comments(0)

かにカニ2007

かにカニエクスプレス

昨年、なかなか良かったので今年も行ってきました”かにカニエクスプレス”

a0002447_2121097.jpg

メンバーを2人から4人に拡大して、向かった先は何故か去年と同じ竹野…

a0002447_21224875.jpg

さすがにお店は違う。
去年は鍋だったけど、今年は1人用の刺身、ゆでガニ、焼きガニ、小鍋が並ぶ。

a0002447_21245646.jpg

いやー美味かった。
特に刺身が良かった。

a0002447_21255580.jpg

あとは温泉入って、海を見て帰る。
去年と同じ場所だが、去年より海の青が濃くて良かった。

というわけで、多分来年も行く。
でも竹野はもう十分っす。
[PR]
by aikiki2001 | 2007-02-03 21:29 | たべもの | Trackback | Comments(0)