ブログトップ

地下鉄風

aikiki.exblog.jp

<   2008年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

庶民派奇想の達人+名ツッコミ

エハイク紀行 | Excite エキサイト ブックス > 書籍情報

a0002447_23154911.jpg


吉田戦車「エハイク紀行」読了。

吉田○○車のエッセイシリーズとエハイクを組み合わせたような作品。どっちかというとエハイクの方が勝ってる感じ。

著者としての名前を伏せているが、エハイクの評者もなかなかの才人だと思う。
[PR]
by aikiki2001 | 2008-04-29 23:26 | ほん | Trackback | Comments(0)

じゃじゃくちゃ丼

a0002447_21494867.jpg


嵩山の帰りに食べた境港の「日本海」のじゃじゃくちゃ丼。

うまい。

だけど、境港で捕れたイカとかタイよりも、他のところで捕ったと思われるウニとかサーモンの方が旨いような気がした。

ま、いっか。

山陰はゴールデンウィークどころか週末とも思えないほどの車の少なさでした。
[PR]
by aikiki2001 | 2008-04-26 21:59 | たべもの | Trackback | Comments(0)

侵略の動機とは?

時砂の王 (ハヤカワ文庫 JA オ 6-7) | Excite エキサイト ブックス > 書籍情報

a0002447_23221720.jpg


小川一水「時砂の王」読了。

頭がキリキリとこんがらがるような構成美は無いが、特有のせつない感触はある時間SF。

短くあっさり終わる感じは古き良きSFって感じ。
アシモフの「永遠の終わり」とかこんな感じじゃなかったかなぁ?
[PR]
by aikiki2001 | 2008-04-23 23:29 | ほん | Trackback | Comments(0)

やや届かない秀作

流星の絆 | Excite エキサイト ブックス > 書籍情報

a0002447_22222048.jpg


東野圭吾「流星の絆」読了。

冒頭に幼い頃の事件を置いて、青年となってから展開するあたりは白夜行を思い起こさせる。
しかし、思ったほど辛口ではなく、意外に軽く仕上げた感じで悪くない。

ややとってつけたような意外性の部分はいまひとつだと思うが、リーダビリティーは十分。傑作群にはやや届かない秀作といったところ。
[PR]
by aikiki2001 | 2008-04-16 22:42 | ほん | Trackback

恐るべし!サタうま予想。

a0002447_166623.jpg


てつじ700万円!
[PR]
by aikiki2001 | 2008-04-13 16:10 | すぽーつ | Trackback

登頂…カウントできず。

a0002447_20505426.jpg


高砂の生石神社の石の宝殿。

水の上に浮いてるような立方体はちょっと面白い。

神社の裏山はなかなか見晴らしがよく、理想的ななんちゃって登山という感じだったが、大正天皇の石碑があるだけで、どこにも山とは記されていない。

残念ながら一山にはカウントできない。

ま、カウント増やす意味も無いのだけれど。
[PR]
by aikiki2001 | 2008-04-12 21:01 | くるぶし | Trackback | Comments(0)

描写の力

あなたに不利な証拠として (ハヤカワ・ミステリ文庫 ト 5-1) | Excite エキサイト ブックス > 書籍情報

a0002447_22161552.jpg


ローリー・リン・ドラモンド「あなたに不利な証拠として」読了。

5人の女性警官を主人公とした中短編集。

銃とか死体に関する描写が実に細やかでリアル。そして切迫した局面に直面する苦悩がよく書けている。かなり良質の文章だと思う。
[PR]
by aikiki2001 | 2008-04-05 22:34 | ほん | Trackback | Comments(0)