ブログトップ

地下鉄風

aikiki.exblog.jp

<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

バスか電車か

a0002447_8454615.jpg


龍安寺に行って来た。

石庭で有名という知識はあったが、それにしてもこんなしょぼい庭とは思わなかった。建物の改装中という不利な点はあるが、これほどの観光スポットとなるだけの良さは見出せない。最初に石だけで表現したという歴史的価値はあっても、今わざわざ見に行くもんではないなと思う。

a0002447_851288.jpg


一方、外の池の方は、普通に良い庭園である。独創性や歴史的価値は無いのかもしれないが、こっちは見てまわって損はない感じ。なんとも微妙な観光である。

さて、問題は龍安寺に至る交通手段である。いろいろ予定外で八坂神社からスタートとなったが、これが清水寺から金閣寺への黄金ルートと重なって大渋滞。バスという選択は普段ならそう悪くはないはずだが、昨日は最悪。20分待って、1時間半乗って、10分歩いてようやく到着。正解は電車だろうが、歩いたって同じくらいの時間で辿り着けるように思う。

大連休に京都のバスには乗ってはいけない。
[PR]
by aikiki2001 | 2009-09-22 09:04 | くるぶし | Trackback | Comments(0)

さんまについて

a0002447_21115218.jpg


「本人Vol.11 さんま道」を読む。

映像は山ほどあっても、自分の発言が活字になる事には慎重という「さんま」のインタビュー。

半分くらいは知ってる話だけど、今に至るにはそれなりの歴史があり、いろいろ考えて生きているんだなと感心させられる。

特定の番組を録画してみるというスタイルになってから、さんまについては「さんまのまんま」くらいしか見なくなっている。しかし、たまに「さんま御殿」や「電子台」を見ても不満に思うことは無い。安定感が尋常ではない。「たとえ」の上手さ、スピードがとてつもない。

誰しも自分の世代のタレントを上に評価するところはあるだろうが、「さんま」についてはテレビタレントとして並ぶものの無い傑出した存在だと思う。「さんま」時代に生まれてラッキーだと思う。

「お笑い」のセンスについては、松本人志が歴史上ナンバーワンだと思うが、それもさんま時代があったればこそなのかなあとも思う。
[PR]
by aikiki2001 | 2009-09-20 21:54 | くるぶし | Trackback | Comments(0)

白鳥城の威容

a0002447_22188100.jpg


ふもとの喫茶店より見上げた白鳥城。

近づくとやや張りぼて感が漂うが、もう少しはなれると相当の迫力あり。
本物の大きさは無いにせよ、ミニチュアとは言えない威容。よくもまあ作ったなと感心するばかり。

あと、喫茶店横にも中世風のもう少しおとなしめの建物があり、「本日はコスプレーヤー以外立ち入り禁止」との事。貴族風の男女が建物の前で熱心に写真撮影を行っておりました。

やっぱ、一度城に潜入してみたい気もする…
[PR]
by aikiki2001 | 2009-09-06 22:30 | くるぶし | Trackback | Comments(0)

ウサイン・ボルトよりは1秒遅い

一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ- (講談社文庫) | Excite エキサイト ブックス > 書籍情報

a0002447_23193996.jpg


佐藤多佳子「一瞬の風になれ」読了。

高校の陸上部を舞台にした青春小説。

何の変哲も無い、真っ直ぐな青春が清々しくも眩しく感じる。
若者の若さ、プライド、勇気、友情、いきがってる様をきっちり描いていて良い。
レース小説としてもなかなかの出来だと思う。

あえて、難を言えば、展開が当たり前すぎて意外性がないって所か?

あと、ちょっとだけある恋愛要素が胸キュンで良いが、もうちょい書かんかい、という感じ。
ここを書けば、「バッテリー」似ではなく、「なぎさボーイ」似になるだろうに。
[PR]
by aikiki2001 | 2009-09-03 23:35 | ほん | Trackback | Comments(0)