ブログトップ

地下鉄風

aikiki.exblog.jp

<   2010年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

定型の評

a0002447_23582496.jpg


宇江佐真理「銀の雨」読了。

奉行所の同心とその周囲の人々を描く連作短編集。

型にはまった人情話ではあるが、すっきりと気持ちの良い読後感がある。人物がよく描けている、というやつだと思う。
[PR]
by aikiki2001 | 2010-02-24 00:04 | ほん | Trackback | Comments(0)

芝馬には無理な世界

a0002447_1832042.jpg


フェブラリーステークスはずれ。

エスポワールシチーが勝つという結果は、当たり前と言えば当たり前だが、全然力が違うという感じに見えた。ドバイではウオッカとも勝負となるわけで、楽しみである。オールウェザー適正ってのがどうなのか分からないが、今日の力が出れば世界一まであるかも。

しかし、反省しても今日の馬券をとるのは自分にとっては難解。単勝2.5倍くらいなら買えそうだが、1.7倍ってのは難しい。馬連だけ買うのもいかにも裏目に出そうな感じ。うううむ。
[PR]
by aikiki2001 | 2010-02-21 18:42 | すぽーつ | Trackback | Comments(0)

ハイテンション東京

a0002447_18174067.jpg


池上永一「シャングリ・ラ」読了。

上下1000ページの長さでかつ、中身も濃厚。解説にあるとおり、「過剰」なまでのアクションとアイデアがハイテンションなまま、最初から最後まで続く。

少年マンガ的世界、という感じもあり、リーダビリティーも十分だが、何だか乗切れず、読むのにえらく時間がかかってしまった。

でも、筒井康隆絶賛の「テンペスト」はきっともっと面白いのだろう。文庫化を待つ。
[PR]
by aikiki2001 | 2010-02-20 18:27 | ほん | Trackback | Comments(0)

物語に飽きるころ

a0002447_23314712.jpg


DS「レイトン教授と魔人の笛」クリア。

毎度おなじみ、安心品質。しかしまあ、新味はないっすね。

中では、車のパズルとルークの部屋の扉のナゾが良し。
[PR]
by aikiki2001 | 2010-02-18 23:39 | げーむ | Trackback | Comments(0)

sc1.0+sa1.0+SX-M3

a0002447_22192648.jpg


C-S5VLを買ってから半年たたないくらいなのに、またCDプレーヤーを買ってしまった。

Soulnoteのsc1.0である。

中古で8.5万円ってのにひかれた訳だが、本来の箱がないくらいで、特に目立つ傷も無い。状態のよさげな中古を買うってのは正解だと思う。

この組み合わせは重ね置きが案外良いってのが本当かどうかは判らないが、当然ながらデザイン的なおさまりはばっちり。ただ、狭いラックへの収め方は難しく、試行錯誤の末、棚板外して石の上に置くという独特の置き方。

さて、問題の音についてだが、余り物で完成したサブシステム(C-S5VL-A933-iQ30)に比べ、繊細で上品で、より解像度が高いような気はする。ただ、決定的な差は無く、何だか似た方向のシステムではあると思う。

あと、sc1.0とsa1.0はバランスケーブルで繋いでみると、音量アップですっと音が出る感じ。

無駄な買い物してるとも言えるが、着実に前に進んでいるようにも思う。
[PR]
by aikiki2001 | 2010-02-08 22:43 | おんがく | Trackback | Comments(0)

雪山ぐるぐる

a0002447_21324558.jpg


BD「剱岳 点の記」を見る。

明治時代末期、三角点設置のために前人未到の剱岳に登るお話。

映画にまつわる苦労話とかどんだけお金をかけたかなんてものは映画の評価とは無関係とは思うが、これは別物。明治時代の苦労話に輪をかけて、スタッフ全員で追体験するという無茶振り。

こうまでしないと映画にならない訳ではないだろうが、ドキュメンタリー的な凄さが伝わってくる。

人が死んだりしないし、ライバルとの争いもことさら強調しない。山がメインには違いないが、人間ドラマとしても悪くない秀作。
[PR]
by aikiki2001 | 2010-02-07 21:54 | くるぶし | Trackback | Comments(0)

当日予約の巻

a0002447_20505193.jpg


毎年恒例5年連続のカニ喰い旅行だが、今年は車で佐津へという予定だったが、雪で渋滞らしいので、急遽電車に変更。

福崎駅で、駄目元でかにカニエクスプレスの席はあるかと聞いて見ると、あるとの事。
1ヶ月前に電話予約しないといけないようなパックなのに、15分前に予約できるとは意外。

例年通り、カニ刺し、天ぷら、焼きガニ、カニすきというラインナップだったが、平均的にレベルが高いという印象。「かどや別館」なかなかです。特に好きではないカニみそもなかなか旨かった。

温泉とカニ以外は何も無い佐津は寒くて辟易したが、帰りも問題なくかにカニエクスプレスの席確保。

むろん値段的にはパックで予約した方が得だが、かにカニは当日でも乗れるのだ。
[PR]
by aikiki2001 | 2010-02-06 21:03 | たべもの | Trackback | Comments(0)