ブログトップ

地下鉄風

aikiki.exblog.jp

<   2011年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

カイジのアゴはどうなっているのか?

a0002447_1855369.jpg


福本伸行「賭博破戒録カイジ」読了。

今度はサイコロとパチンコ。

テクニックも何もない運だけのバクチなので、イカサマを見破られるかどうかという展開。
まあ、無茶苦茶である。ありえない機械トリックが出てくるバカミスみたいなお話である。

しかし、この熱さで読ませる馬鹿力はすごいと思う。
[PR]
by aikiki2001 | 2011-07-31 19:11 | まんが | Trackback | Comments(0)

回転する柱

a0002447_1311756.jpg

大河内発電所(揚水発電)を見学してきた。

11時30分の見学コースにぎりぎり間に合わず3時間待ち。

しょうがないので、下流側の長谷ダムを自主見学。自分のダム歴の中では最大級のように思う。相当の高さにびびる。途中で発電するとのアナウンスがあるが、しばらく待っても水位が上がる様子は見えず。

続いて上流側の大田ダムに向かうが、単なる大きめの池でしかなかった。

a0002447_1317012.jpg

まだまだ時間があるので、昼寝と施設見学。この人形の並んだ小屋で少し写真熱が高まる。

a0002447_13191652.jpg

で、ようやく揚水発電の見学。発電中の水車と発電機を繋ぐ支柱を見る事ができた。

強烈な回転っぷりは、なるほど電気作ってる感じがして、頼もしい。
ただし、原理的に作ってる電気以上に消費してる事になるので、使わなくて済むなら使いたくない施設ではある。

原発止まったら、揚水発電所も閉鎖ですか?と聞いてみたかったが、説明のおねいさんは質問のスキを与えてはくれなかった。
[PR]
by aikiki2001 | 2011-07-24 13:29 | くるぶし | Trackback | Comments(0)

勝ったら名局?

a0002447_954410.jpg


加藤一二三「老いと勝負と信仰と」読了。

自慢話とキリスト教のハーフ&ハーフ。

タイトル戦の妙手と聖書の引用がすらーっと続いて書かれるような不思議な構成だが、加藤九段にとってはごく自然な語りなんだろうなと思う。

あと何分(現在は辞めている)、鰻丼(現在は寿司)、といった小話がもっと欲しいところである。

それにしても、老いを語るつもりなど全くない所がすごい。こんな人生送れたら幸せだろうなという気もする。
[PR]
by aikiki2001 | 2011-07-23 09:19 | ほん | Trackback | Comments(0)

佳作あつめました。

a0002447_21513719.jpg


角川文庫編集部編「きみが見つける物語 恋愛編」読了。

十代のための、と銘打つアンソロジー。若く爽やかで一途な恋愛小説をそろえて、まずまずの出来。

意図的なのかどうなのか分からないが、ミステリ的な仕掛けの短編が多いかなと思う。

そして、乙一はやっぱうまいなあと思う。
[PR]
by aikiki2001 | 2011-07-18 21:59 | ほん | Trackback | Comments(0)

西洋式にも順応

a0002447_1092439.jpg


司馬遼太郎「燃えよ剣」読了。

土方歳三の生涯を描く。新撰組前後はあまり知らなかったので、新鮮に読めた。
特に戦い続け、勝ち続けながらも追い詰められてゆく、終盤が引き込まれる。

楽天家の近藤勇や爽やかな沖田総司も実に魅力的に描かれている。

どれも面白いけど、真面目で地味な作品群といった勝手な印象を持っていたが、やっぱ司馬遼太郎はナメたらいかん、やっぱすごい第一人者だなあと感じた。
[PR]
by aikiki2001 | 2011-07-18 10:27 | ほん | Trackback | Comments(0)

多分予定外の同時発売

a0002447_23123249.jpg


ガーネットクロウのシングル「Smiley Nation」とDVD「livescope 2009」「livescope 2010+」を一気に消化。

去年livescope2010のDVDが出たのに、今年2009が出るってのは事情がよく分からないが、まあ全ツアーが映像化されるのは良い事ですな。うん。

もうそれほどコメントする事もないけど、やっぱメロディーメーカーとしての能力は相当に高いと思う。歌がうまいわけでもないし、MCの素人っぷりなんて逆に笑えるくらい。それでも、こんな魅力的なのはやっぱり楽曲の質+量ですわ。

初期の曲は今聞いても素晴らしいが、「The Crack-up」みたいな傑作も出てくる。まだまだ目が離せないですぞ。

あと、Smiley Nationの歌詞にあるグールドは、グレン・グールドなのかな?ピアニストの作詞だからそうなる?
[PR]
by aikiki2001 | 2011-07-09 23:46 | おんがく | Trackback | Comments(0)

美亜へ贈るアンサーソング

a0002447_13253886.jpg


大森望編「不思議の扉」読了。

時間SFと悲恋モノの組み合わせアンソロジー。
これは、自分にとってはど真ん中のストライクである。

実際、乙一、梶尾真治、ジャック・フィニィの3編は既読なのだが、読み返してもじーんとくる名短編だなあと改めて思う。

あとの3編は初読で、恩田陸も太宰治も悪くないが、貴子潤一郎「眠り姫」が一押し。良く考えると、時間SFではなく恋人病気モノなのだが、話の作りは時間SFと同じなので、ここに選んだ編者はなかなかのファインプレーと言える。
[PR]
by aikiki2001 | 2011-07-09 13:38 | ほん | Trackback | Comments(0)

川河

a0002447_9385366.jpg


中川いさみ「谷底ライオン」読了。

久々に中川いさみ読んでみた。あいかわらず、チョコっとしたギャグが切れるなあと思う。
ただ、ちょっとグロが強い部分はあんまり好ましくないように思う。


…三本線の”かわ”が”川”って化けるのは何か意味あるのかないのか…
半年に1度くらいこんな症状でますなあ。
[PR]
by aikiki2001 | 2011-07-09 09:46 | まんが | Trackback | Comments(0)

スリルサスペンス

a0002447_21302720.jpg


東村アキコ「恋のスリサス」「白い約束」「ゑびす銀座天国」読了。

初期の地味な短編集。これはこれで好きといえば好きかもしれない。
これでコンプリートだと思う。

今の「主に泣いてます」はハイテンションの極みと言うべき怪作だが、暴走が過ぎると思う。
やっぱり「ひまわりっ」が最高傑作だなあ。
[PR]
by aikiki2001 | 2011-07-08 21:49 | まんが | Trackback | Comments(0)