ブログトップ

地下鉄風

aikiki.exblog.jp

<   2013年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

習作もあれば駄作もある

a0002447_2020783.jpg


小林頼子/朽木ゆり子「謎解きフェルメール」読了。

フェルメールの解説本。

絵は余計な知識などなく、ただ見れば良いと思っていたが多分違う。
どう見ればよいかの道案内があった方が、より絵を見る事ができる、楽しめるというもの。

この路線ありだな。
[PR]
by aikiki2001 | 2013-12-30 20:55 | ほん | Trackback | Comments(0)

シャープなトリックと鈍重なドラマ

a0002447_19213872.jpg


ジョン・ディクスン・カー「皇帝のかぎ煙草入れ」読了。

やりたいことはやりきった労作。狙いは斬新で歴史的価値は高いのだろう。
しかし、人間ドラマとしてはあんまりかな。

たまに古典を読むとそれなりには楽しめる、とは思う。
[PR]
by aikiki2001 | 2013-12-29 19:31 | ほん | Trackback | Comments(0)

徳島の記録 大塚美術館~眉山

a0002447_17564797.jpg

鳴門大橋を渡りバスを降りる。ここが渦潮ポイントだが風が強すぎて消されてるとの事。

a0002447_17584392.jpg

目的の大塚国際美術館入場。
名画のレプリカ陶版画がすべて実物大で展示!

a0002447_1805168.jpg

モナリザを一人占め

a0002447_1814369.jpg

ムンクの叫びの人物は自画像だって

a0002447_1831791.jpg

迷い歩きゲルニカの前を何度も通る

a0002447_1843964.jpg

フェルメールはなるほど良いもの

a0002447_1861856.jpg

ガイドのおばさんオススメのフェルメールの風景画。これ確かに見れば見るほど良い。

人気ベスト10の1時間コースガイドを受け、あとは1時間くらい回ったが、なかなか良かった。
もう一度じっくり1日かけて回ってもいいかもしれない。
本物でなくても絵の良さは十分に楽しめる。リアルギャラリーフェイクである。

あとは大渋滞の徳島市内に入り1泊。

a0002447_18124453.jpg

翌日、眉山をロープウェーで登り帰る。
登山記録はあいきき山にて近日公開、乞うご期待。

近い割に移動時間が長いが、内容はなかなか良かったなと思う。
[PR]
by aikiki2001 | 2013-12-23 18:17 | くるぶし | Trackback | Comments(0)

有馬2013

a0002447_19312140.jpg


有馬記念馬連的中。

単勝1.6倍では買う気しないので馬連。馬単でないのは1.6倍も信頼していないからだが、全くの杞憂だった。
仕掛けが早すぎるのではと思ったが、圧倒的なパフォーマンス。やっぱ強いっすわ。
[PR]
by aikiki2001 | 2013-12-22 19:50 | すぽーつ | Trackback | Comments(0)

モノポリー全日本8位

a0002447_9583963.jpg


島朗「島研ノート 心の鍛え方」読了。

羽生・森内・佐藤の精神性の高さを語る著者ならではの論。
新たなエピソードの類はあまりないが、集大成的なまとまりで良書となっている。
[PR]
by aikiki2001 | 2013-12-16 10:06 | ほん | Trackback | Comments(0)

このSFとのダブルクラウンなるか?

a0002447_18375389.jpg


法月綸太郎「ノックス・マシン」読了。

ミステリとSFの融合、というよりははっきりSF。
これでこのミス1位は快挙である。

ネタは古典ミステリの深いファンだからこその所から来ているが、話は真っ当な時間SF2編。あとはワトソン役のパロディと、泡坂妻夫ばりの実験モノ。

頭の良いバカの労作。この路線は歓迎したい。
[PR]
by aikiki2001 | 2013-12-15 18:50 | ほん | Trackback | Comments(0)

陰ハイスコアガール

a0002447_2133737.jpg


押切蓮介「猫背を伸ばして」読了。

著者の自伝マンガ。ハイスコアガールやピコピコ少年はアツイが、本書は静かで暗い。しかしまあ、これが現実なんでしょな。
タッチは同質でなかなか心地よい。
[PR]
by aikiki2001 | 2013-12-09 21:13 | まんが | Trackback | Comments(0)

読まねばならぬ

a0002447_20531636.jpg


杉江松恋「海外ミステリーマストリード100」読了。

100のうち読んでるのは23。読んでなくても半分以上は知ってる。それぞれの作者の一番メジャーなのを選ぶのではなく、マイナーでも本当に面白いと思えるのを選ぶあたりは個人書評本の魅力である。

しかし、クリスティーで「ポアロのクリスマス」とは聞いた事がない。ので読んでみる事にする。

マストリードはいくらでもあるのに読めていないのがもどかしい。
[PR]
by aikiki2001 | 2013-12-09 21:03 | ほん | Trackback | Comments(0)

地方の豪族

a0002447_2012192.jpg


伊集院静「海峡」読了。

出会いと別れを繰り返し、成長する少年。
1つ1つのエピソードの質は高いが、あっさり死んだり出て行ったりしすぎじゃね?とは思う。
[PR]
by aikiki2001 | 2013-12-01 20:17 | ほん | Trackback | Comments(0)

再読ありあり。

a0002447_2072525.jpg


島田荘司「改訂完全版 異邦の騎士」読了。

再読だが記憶があやふやでメインの仕掛けどころも忘れていた。
どんだけ改訂されているのかも良く分からないが、これはやっぱり傑作。

ミステリとしての仕掛けがどうかというより、青春小説、手記の迫力として優れている。
熱いのだ。
 
[PR]
by aikiki2001 | 2013-12-01 20:10 | ほん | Trackback | Comments(0)