ブログトップ

地下鉄風

aikiki.exblog.jp

<   2014年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

理解者のお仕事

a0002447_11481319.jpg


伊藤計劃×円城塔「屍者の帝国」読了。

伊藤計劃が冒頭のみ書き出した話を円城塔が書きついで完成。多分、円城にしか出来ない仕事、と知ったかぶりをしたくなるような多分見事な手腕であろう。

多分、というのは、両氏の作品の内容は知的で面白いのだが、少し理解が及ばなくてそのまま読み終わってしまう、という所があるからだ。

エンターテインメント作品だが、文学やSF特有の高い所の想像力を要求するもの、なのだと思う。
[PR]
by aikiki2001 | 2014-10-19 11:58 | ほん | Trackback | Comments(0)

黒潮本流

a0002447_152344.jpg


伊東潤「巨鯨の海」読了。

明治初期の捕鯨を題材にした連作短編集。

荒れる海と暴れる鯨と狭いコミュニティーが織りなす人間ドラマ。骨太な物語に仕上がっている好作。

この時代小説がすごい!単行本1位!、なのだが、時代小説って感じではないような。この海小説がすごい!なら1位で納得。
[PR]
by aikiki2001 | 2014-10-13 15:30 | ほん | Trackback | Comments(0)

鳥獣戯画考察

a0002447_1031987.jpg


山登りを兼ねて、鳥獣戯画で有名な高山寺に行ってきた。

派手な建物こそ無いが、苔と木々が美しく、もう半月もすれば見事な紅葉スポットになるだろうな、ってな所だった。

さて、本物は博物館に奪われ、レプリカしか置いていない鳥獣戯画であるが、何も無いところからこの擬人化デフォルメを思いついたとすれば、作者の坊さんは天才としか言いようがない。しかし、こういう落書きの類は、徐々に積み上げられて、現在に残る最古の作品がこれ、ってのが本当の所なのかなという気がした。
[PR]
by aikiki2001 | 2014-10-13 10:11 | くるぶし | Trackback | Comments(0)

習作でも秀作

a0002447_2385993.jpg


伊坂幸太郎「クリスマスを探偵と」読了。

電子書籍で短編1つ売り。

語るほどの特別な短編ではないが、ちゃんとした売り物にはなってると思う。
小話の上手さが光る。

長編でも小話を積み上げてちゃんと面白いが、本質的には短編職人なんだろうな。
[PR]
by aikiki2001 | 2014-10-07 23:13 | ほん | Trackback | Comments(0)

とことん合理的で人間的

a0002447_1274478.jpg


渡辺明「渡辺明の思考」読了。

好きでやってる訳ではない。常に勉強し続けなければならないのは辛い。でもプライドがあるのでサボりはしない。

好きな形に初形を組めるなら銀冠穴熊+2筋狙い。羽生さんなら、こんな感じ…

玉の早逃げはどのくらい得か?金と銀の価値は?

競馬論やコンピュータの将棋観等、なんでも率直に話す優れたQ&A。

インタビュアーの後藤元気の手柄でもあると思う。
[PR]
by aikiki2001 | 2014-10-05 12:29 | ほん | Trackback | Comments(0)