ブログトップ

地下鉄風

aikiki.exblog.jp

<   2015年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

何時までも遊べるシステム

a0002447_2222593.jpg


ファイアーエンブレムif白夜王国クリア。

死んでも退却のカジュアルモードなのでそれほど神経質にならずに進めた。

だが、プレイ時間は60時間超。中くらいのキャラを育てるのとか、なでなでに時間をかけすぎ、だろな。
[PR]
by aikiki2001 | 2015-07-30 22:27 | げーむ | Trackback | Comments(0)

進化は偶然

a0002447_215652.jpg


長沼毅「死なないやつら」読了。

とんでもない極限環境でも死なないやつらの例を挙げ、生命や進化がどんなものなのか、の論を展開する。
例を並べるだけでなく、徐々に理解が深まるよう無理なく論を進めるなかなかの良書。
[PR]
by aikiki2001 | 2015-07-22 22:12 | ほん | Trackback | Comments(0)

立山黒部アルペンルートの記録

a0002447_18564847.jpg

立山黒部アルペンルート2泊3日の旅。新幹線と特急を乗り継ぎ、富山電鉄で立山駅へ。


a0002447_18583414.jpg

相当急なケーブルカーで美女平へ。


a0002447_18592646.jpg

美女平からはバスで弥陀ヶ原到着。弥陀ヶ原の木道を散策。


a0002447_1901412.jpg

弥陀ヶ原ホテルから見る富山湾夜景。


a0002447_1914375.jpg

2日目朝。弥陀ヶ原から望む大日岳。


a0002447_1924795.jpg

弥陀ヶ原からバスで室堂着。目の前に立山連峰!


a0002447_1952830.jpg

雄山登頂は新あいきき山にて。写真は下山後にミクリガ池から望む立山連峰。今回のベストショットか?


a0002447_1944846.jpg

トロリーバスで立山を突き抜ける。


a0002447_1912345.jpg

大観峰から望む奥立山連峰。黒部湖の上の針ノ木岳がかっこいい。


a0002447_19153275.jpg

ロープウェーを降りて黒部平。絶景の連続。


a0002447_19165633.jpg

2回目のケーブルカーを降りて黒部ダム。豪快に放水中。


a0002447_19184681.jpg

放水でかかる虹。

この後、2回目のトロリーバスで扇沢。路線バスで大町温泉でゴール。

晴れてて素晴らしい景色が見れて満足。
ちゃんとした登山と一般観光ルートを1日で突っ切るのはやや過剰だったかも。
…つかれました。
[PR]
by aikiki2001 | 2015-07-14 19:24 | くるぶし | Trackback | Comments(0)

競輪勝ち逃げ

a0002447_19575017.jpg

住居から徒歩15分。
小松島競輪場に行ってみた。


a0002447_19585173.jpg

ちょうど6レースが始まるところだったので、見てみる。
テレビで見るより、もうちょい速いなあ、という感じ。
それなりに人は入っているが、単に馬券を買うだけの姫路競馬場と大差なし。
やはり、じいさん率が非常に高い。


a0002447_2003521.jpg

そして7レースの車券を買う。2連複を4点。
1番人気の1-9で決まりかけたところを2番がギリギリ差して的中!

2000円が5700円になっただけだが、とりあえずこれにて終了。
競艇に続き、競輪も勝ち逃げだ!
[PR]
by aikiki2001 | 2015-07-05 20:10 | すぽーつ | Trackback | Comments(0)

44は相当に難しい

a0002447_19524747.jpg


アナ雪またコンプリート。最後の方はなかなかに難解だが更新に追いつく。
まだ遊べるなあ…
[PR]
by aikiki2001 | 2015-07-05 19:56 | げーむ | Trackback | Comments(0)

先回りタイトル

a0002447_9225040.jpg


春日太一「なぜ時代劇は滅びるのか」読了。

高齢化が進むのでこれからは時代劇の時代になるかといえば、さにあらず。
時代劇は老人が見るものではなく、面白ければ誰でも見るのである。

なるほどなあ、と思うが時代劇に限らずドラマを全然見てないのでイマイチ共感できないのである。
[PR]
by aikiki2001 | 2015-07-05 09:49 | ほん | Trackback | Comments(0)

数学を伝えたい、意欲

a0002447_2232775.jpg


木村俊一「数学の魔術師たち」読了。

数学の歴史をファンタジー仕立てで分かりやすく説明する物語。

元ネタもやろうとしている意欲も悪くないが、成功しているとは言いがたい。
ユーモアとか〇〇仕立てといったモノはなかなかに難しく、失敗するとサムくてムズカユイのである。

数学は難しいけど、理解できると滅茶苦茶面白い、ってモノである。さらに数学の歴史はなかなかのドラマである。これは失敗作だけど、応援はしたい。そんな気分。
[PR]
by aikiki2001 | 2015-07-04 22:51 | ほん | Trackback | Comments(0)