ブログトップ

地下鉄風

aikiki.exblog.jp

<   2016年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

鬼ヶ島~ジャパンカップ

a0002447_21024340.jpg

a0002447_21024650.jpg

高松からフェリーで一番近い女木島へ。島についてすぐにバスで鬼ヶ島大洞窟へ。

フェリーとバスの時間が連動していて、雨で寄り道もしにくい。結果、わずか1時間40分で観光を終えて高松に戻る。まあこんなのもありか。

a0002447_21024904.jpg

郷屋敷の天釜うどんはまずまず。

a0002447_21025274.jpg

ジャパンカップはずれ。キタサンブラックが逃げねばるのは想像していたが、突き放されるとは恐れ入った。


[PR]
by aikiki2001 | 2016-11-27 20:53 | すぽーつ | Trackback | Comments(0)

徳島城~ひょうたん島

a0002447_13131735.jpg

徳島駅裏の徳島城。
a0002447_13132294.jpg

天守跡にはほぼ何も無し。ただの広場。

a0002447_13132432.jpg

久々にデビルマン目撃。

a0002447_13132653.jpg

カルダモンのマサラカレー。開店前に行列してるだけあって、なかなかに美味。

a0002447_13132816.jpg

ひょうたん島クルーズは満潮が良いと聞く。タネはこの橋くぐり。確かに気をつけないと首をもがれそうなスピードで突っ込んでいく。

いつでも行けるからスルーしたままだったが、それなりに優秀な観光スポットですな。

[PR]
by aikiki2001 | 2016-11-20 13:02 | くるぶし | Trackback | Comments(0)

エウクレイデス

a0002447_20241908.jpg

吉田洋一・赤攝也「数学序説」読了。

時々読みたくなる数学本。本書は教科書的に広く浅く解説しているが、ちょうどよい難易度で、前半はなるほどなるほど、と読める。

でも集合や証明の論理のあたりになると、頭に入らなくなる。数学にとって重要な要素なのはなんとなく分かるけど、分からないと楽しめないのよねえ。


[PR]
by aikiki2001 | 2016-11-19 20:16 | ほん | Trackback | Comments(0)

港のさびれたあたりに開店。

a0002447_14384105.jpg

a0002447_14384424.jpg

小松島の「わけありな店」の刺天定食を食す。

わけあり感は何も感じられない。刺身も天ぷらも旨い。なかなかいい魚っすよ、これ。

[PR]
by aikiki2001 | 2016-11-19 14:11 | たべもの | Trackback | Comments(0)

あり得るが極論すぎ

a0002447_21135557.jpg

百田尚樹「カエルの楽園」読了。

分かりやすい寓話で描く国防論。

なかなか説得力のある仕上がりだと思うが、現実がこのとおりなのかどうか、よく考えないと危険だろう。

楽園を守るには脆弱すぎるとは思うが、全く間違ってるとは言えまい。バランスの問題だろう。



[PR]
by aikiki2001 | 2016-11-18 21:07 | ほん | Trackback | Comments(0)

金沢~和倉温泉~七尾

a0002447_14410684.jpg

a0002447_14411126.jpg

a0002447_14411467.jpg

大阪からサンダーバードで金沢着。二十数年ぶり2回目で初兼六園。快晴に紅葉が重なり、完璧に手入れされた庭が映える。さすがにレベルが高いと感心。

a0002447_14411681.jpg

和倉温泉のホテルで食す。ブリ刺しとブリしゃぶは旨い。でもカニはあんまり。

a0002447_14411980.jpg

a0002447_14412241.jpg

二日目にバスで七尾の食祭市場で海鮮バーベキュー。このカニやイカの方がずっとうまい。

a0002447_14412404.jpg

遊覧船でカモメにかっぱえびせんを投げる。20分間ずーっとカモメがついてくる。

a0002447_14412695.jpg

大将寿司のおまかせ握り。全部旨い。

和倉温泉でちょっと外したが七尾で取り返した感じ。覚悟はしていたが、食べ過ぎですな。


[PR]
by aikiki2001 | 2016-11-13 14:24 | くるぶし | Trackback | Comments(0)

満身創痍体質

a0002447_21325634.jpg

若竹七海「さよならの手口」読了。

がっちりハードボイルドのお話にユーモア小説の手口で味付け。

話自体良くできてるが、怪我ばかりしてしまう不運な探偵、というキャラが実に良いですな。

[PR]
by aikiki2001 | 2016-11-06 21:22 | ほん | Trackback | Comments(0)

阿波の土柱

a0002447_16072243.jpg

小松島から車で1時間20分くらい。土柱しおかぜ公園到着。

a0002447_16072861.jpg

10分あまり登って土柱頂上。なかなかの迫力。

a0002447_16073341.jpg

だが、やはり下から見上げた方がカッコいい。

小豆島の寒霞渓に比べたら全然小ぶりだが、これはこれで、なかなか見所のある地形である。

昭和感たっぷりの旅館はあるが、観光客は数組レベル。秘境ではないが、なかなか行きづらい場所だからかな。
[PR]
by aikiki2001 | 2016-11-05 15:58 | くるぶし | Trackback | Comments(0)

巨編3200ページ

a0002447_21541031.jpg

宮部みゆき「ソロモンの偽証」読了。

シリーズ物とか歴史物なら普通だが、1つの事件を3000ページ超で語るのは異常である。

複雑な事件でもなく、滅茶苦茶登場人物が多い訳でもない。400ページの普通サイズ構成を分厚く語るのである。

基本的には成功してると思う。あまりにちゃんとしすぎていて、リアルな中学生には思えないが、若者の繊細な心情の捉え方はさすがである。

ただし、半分くらいの分量になればさらに美しい傑作になるような気もする。


[PR]
by aikiki2001 | 2016-11-01 21:37 | ほん | Trackback | Comments(0)