ブログトップ

地下鉄風

aikiki.exblog.jp

タグ:アルバム ( 29 ) タグの人気記事

10曲選んでみる

a0002447_16302784.jpg


ガーネットクロウのアルバム「THE ONE ~ALL SINGLES BEST~」を聴く。
シングル集なので必要無いと言えば無いが、まあ応援みたいなもんかな。

全35曲から好きな曲を10曲挙げると、

君の家に着くまでずっと走ってゆく
二人のロケット
flying
call my name
Timeless Sleep
夢みたあとで
スパイラル
クリスタル・ゲージ
忘れ咲き
まぼろし

といったところ。やっぱ初期曲集のDISC 1は素晴らしいなと思う。


ついでにアルバム曲から10曲挙げると、

A crown
巡り来る春に
Rhythm
Holy ground
Marionette Fantasia
夕月夜
君 連れ去る時の訪れを
Rusty Rail
The Crack-up
静寂のconcerto

って感じかなあ。曲の深みという点ではシングルを上回る傑作ぞろいである。


さらにカップリング曲から10曲挙げると、

Timing
Jewel Fish
夕立の庭
CANDY POP
over blow
His Voyage
廻り道
一番素敵だった日
Love Lone Star
愛に似てる

こんな感じ。小品とか変化球にも傑作がある。


全部良いなんて思わないが、こんだけ充実してるのは、なかなか得難い存在だっただけに、もう新作が聴けないのは痛恨の極み。


しかしまあ気を取り直して、またピッタリくるアーティストを探しましょ。
[PR]
by aikiki2001 | 2013-06-02 17:21 | おんがく | Trackback | Comments(0)

今頃語るラストアルバム

a0002447_1544766.jpg


ガーネットクロウのアルバム「Terminus」を聴く。

買ったけどほとんど聴いていない間に解散発表となり、感想書くタイミングを失った感があるのだが、やっぱ最後だけ感想書かないってのはないだろう。

すごい曲があるわけではないが、秀作が多いなかなかの出来である。「白い空」「Life goes on!」「The Someone's Tale」あたりが好みかな。

最後だと思うとよけいに「closer」が心に染みる。

キャッチーなメロディ連発の初期から、浮き沈みはあれどダメなアルバムが無いままコンスタントに秀作を出し続けた見事な職人さんバンドである。

今後どういう活動をするのか知らないが、中村由利の美しいメロディはまだまだ聴きたい。岡本仁志ボーカルのガーネットクロウカバーアルバムとかも欲しいところ。

テルミナスといえば、英語の意味からだろうけど、アシモフのファウンデーションが思い浮かぶ。気になる言葉選びで刺激する七さんの活躍も期待したい。
[PR]
by aikiki2001 | 2013-04-21 15:37 | おんがく | Trackback | Comments(0)

なにゆえTimingが入らないのか?

a0002447_10211315.jpg


ガーネットクロウのアルバム「GOODBYE LONELY」を聴く。

B面集が2枚組で出るなんて立派だなあという気もするが、1枚に絞れよという気もする。
シングル全部持ってるから、JUDYの英語バージョンだけしか新しいの無いが、JUDYは日本語の方が良い。

でもまあ、あらためて聴くと、クライアーガールとかサークルデイズとか案外良いじゃんって発見もある。

優しげな曲が多い中で、愛に似てるとかHis Voyageとか一番素敵だった日とかといったちょっと異質な感じの曲が自分のツボなのかなあ。

ベストはやっぱり廻り道。両A面の3曲目にする意味が分からない傑作。
[PR]
by aikiki2001 | 2012-03-18 10:36 | おんがく | Trackback | Comments(0)

アランフェス協奏曲

a0002447_2151974.jpg


ガーネットクロウのアルバム「メモリーズ」を聴く。

「JUDY」「静寂のconcerto」「英雄」が良い。まずまずの佳作アルバム。

何度でも言うが、ガーネットクロウはアニメのタイアップになるような軽快な曲はイマイチ。
アルバムの静かな曲の中に美しいメロディがきらめく。
あと、カップリング曲は侮れない。

全部聴いたら誰でもそう思うと思うんだけどなあ…
[PR]
by aikiki2001 | 2011-12-20 22:15 | おんがく | Trackback | Comments(0)

平行宇宙

a0002447_11184719.jpg


ガーネットクロウのアルバム「parallel universe」を聴く。

「The Crack-up」が良い。サビの美しく漂い繰り返すメロディが良い。これがあるから、止められんと思う。

あとは「As the Dew」「空に花火」がいける。

近作ではなかなか良い方ではないかと思う。
[PR]
by aikiki2001 | 2010-12-23 11:28 | おんがく | Trackback | Comments(0)

あきな 2010

a0002447_20275717.jpg


中森明菜のアルバム「Recollection Super Best」を聴く。

こちらもデビュー曲の未完成状態から、サビで深いところから歌いあげる独自の歌唱が完成する立派なボーカリストである。

だが、未完成の「スローモーション」「セカンド・ラブ」は素晴らしい。もう二度と出せない若い声がハマる傑作。

だが、「禁区」とか「北ウイング」とかは案外よろしくない。ああ懐かしいなというくらいである。

だが、「飾りじゃないのよ涙は」「DESIRE」は普通に良い。完成された芸能である。

だが、って逆説になってないのだが、「Dear Friend」って結構良いな。地味だけど。
[PR]
by aikiki2001 | 2010-11-26 20:47 | おんがく | Trackback | Comments(0)

せいこ 2010

a0002447_2136509.jpg


松田聖子のアルバム「ダイアモンド・バイブル」を聴く。

4枚組ってのはいくらなんでも重すぎるが、実際、楽曲の質と量に圧倒される。

デビュー曲からキャッチーなメロディーが続くが、最初期は意外につまらない。
聖子節が未完成で、あんまり特徴が無い感じ。

しかし、「赤いスイトピー」から続くユーミンの楽曲群あたりから、若いのに若づくりしたような独特の歌い回しが完成する。歌は上手いが、上手いから良いのではなく、曲と声が妙なくらい合っているって事かしら?

「制服」「瞳はダイアモンド」「Rock'n Rouge」「時間の国のアリス」あたりとか、「Pearl-White Eve」「旅立ちはフリージア」とか傑作。

昔も今もファンとは言えないが、アイドル歌謡を超越した見事なボーカリストと認めるしかないと思う。
[PR]
by aikiki2001 | 2010-11-25 22:09 | おんがく | Trackback | Comments(0)

ひばり2010

a0002447_22251755.jpg


美空ひばり「ゴールデンベスト」を聴いてみる。

ちゃんとCDで聴くとすごいのかもしれないと期待したのだが、結果はやや微妙。

当たり前だろうけど、大昔の曲は録音状態がダメダメで、テレビの音声を聴くのと変わらない。面白い楽曲で、最初から完成されたボーカリストである事を確認するのみである。

で、やっぱり「愛燦燦」は良いと思う。予想通り、テレビ音声の延長上で良さが引き立つ。特に低い音を迫力ある声で聴かせる歌い方が非凡。

別に好きにはならないけど、これ以上上手いボーカリストはいないと思える。
[PR]
by aikiki2001 | 2010-09-15 22:44 | おんがく | Trackback | Comments(0)

To The Limitを賞賛

a0002447_2317768.jpg


FAKiEのアルバム「To The Limit」はかなり良い。

ギターとボーカルのみで名曲カバー半分、オリジナル半分。
ビビンとキレるギターの響きがかっこいい。特別な声ではないが歌唱力は十分。

てなわけで、元から名曲の「Close to You」とか「The Stranger」あたり素晴らしい。

だが、どれか1曲選ぶのなら、タイトル曲でオリジナルの「To the Limit」。
たたみかけるサビの展開が絶品。
[PR]
by aikiki2001 | 2009-10-23 23:33 | おんがく | Trackback | Comments(0)

Here I amを褒める

a0002447_22492514.jpg


滴草由実のミニアルバム「ENDLESS SUMMER」はなかなか良いと思う。

特に「Here I am」が良い。滴草にしてはめずらしく陽気で単純な曲ってトコが逆に新鮮に感じる。

歌はかなり上手いけど、案外軽く処理するあたりが魅力になってる…のか?違うか?
[PR]
by aikiki2001 | 2009-10-22 23:08 | おんがく | Trackback | Comments(0)