ブログトップ

地下鉄風

aikiki.exblog.jp

タグ:エッセイ ( 29 ) タグの人気記事

あなたの妻はよいとおもいます。

a0002447_2051922.jpg


福満しげゆき「うちの妻ってどうでしょう?」読了。

ほとんど家から出ず、登場人物の少ない小規模エッセイ。著者の基本形であるが、本作はその中でも一番のウリである”妻”をメインに据えたシリーズ。

普通、こんなネガティブな人間は表現者たりえないのでは、と思うが、どっこい成立しているのが堂々たる個性というところか。

地味な負の感情をつらつらと吐き出すエッセイはさすがに飽きてくるが、陽気な妻がそれを救っている。そしてまたほぼまた失業状態との事だが、きっと地味に復活するでしょう。地味ながら応援してます。
[PR]
by aikiki2001 | 2015-06-11 20:23 | まんが | Trackback | Comments(0)

東村アキコはハンパない

a0002447_20133237.jpg


東村アキコ「かくかくしかじか」読了。

著者が美大進学~漫画家に至る過程に、強烈な先生がいた、という自伝マンガ。
終始先生に過去を語りかける、といった描き方から、ラストは思い浮かぶし、実際そのとおりなのだが、それでも感動してしまう。

著者のような強烈な個性を生む裏には、強烈な体験が有るという事なのですなあ。ただ、強烈なギャグセンスと普通の人間としてのバランス感覚は、自分自身で作ったもの、なのだと思う。いくらか父健一の影響はあるのだろうが。

東村アキコは普通じゃない。ものすごい才能かつ努力の結晶なのである。
[PR]
by aikiki2001 | 2015-03-30 20:41 | まんが | Trackback | Comments(0)

日誌に反論の巻

a0002447_230868.jpg


後藤元気編「将棋エッセイコレクション」読了。

将棋に関わる短めのエッセイ集。戦後間もなくから、最近のものまで、ばらばらに並べてある不思議な構成。
なかなか上質な文章が多いが、河口俊彦「対局日誌」と桐谷広人「緊急反論」が面白い。

C2の泥沼戦を長々と紹介するのは河口老子ならではで、はっきりダメ出しするのも老子の芸なのだが、ここまであからさまな酷評は見た覚えが無い。それに対して対局者が真正面から反論する、ってのがあったんですねえ。

それもあの桐谷さんが。んでこれは桐谷さんに理があると思える。はたから見ると疑問を感じる手でも、対局者は深く読んでいるというものなのですな。
[PR]
by aikiki2001 | 2014-09-29 23:21 | ほん | Trackback | Comments(0)

理由は教えてくれない

a0002447_233137100.jpg


加藤一二三「羽生善治論」読了。

毎度おなじみの加藤節。羽生を論じてても自分の自慢話になってしまう。しかし、嫌な感じはしない。突き抜けた天才かつ奇人なのである。

一点気になるのは、羽生ー渡辺戦は100局に到達しないという予言。渡辺を買ってないわけでもないのに何故だろう?200局行ってもおかしくないように思えるのだが。
[PR]
by aikiki2001 | 2013-07-17 23:42 | ほん | Trackback | Comments(0)

リアル雑文

a0002447_23362377.jpg


福満しげゆき「僕の小規模なコラム集」読了。

なんというか、タレント本を読むような青臭い感じ。
しかしながら、そこが著者の味というか天然の芸になっている。

未完成でグラグラだが、普通の、あるいはややマイナー系の若者のリアルをさらけだした雑文。

普通の作家はこんなん書かない、というかこんな人は普通、作家にならないだろうなと思う。
マンガ家にもならない、かな。
[PR]
by aikiki2001 | 2013-07-08 23:45 | ほん | Trackback | Comments(0)

市場3

a0002447_214549.jpg


先崎学「棋士が数学者になる時」読了。

ちょいと古いが相変わらずの名調子。現役最高の解説者かな。
今月号の島と河口もやはり優れていると感じるが。
[PR]
by aikiki2001 | 2013-06-23 21:09 | ほん | Trackback | Comments(0)

オバサン用

a0002447_2151680.jpg


西原理恵子「スナックさいばら おんなのけものみち 七転び八転び篇」読了。

サイバラママのお悩み相談。若くしてオバサン力全開でマンガを書きなぐってた著者が、オバサンを完成させて人生の真実を語る。

ある意味サイバラの粋のつまった本だが、これはオバサンの読む本です。
これを楽しめるオッサンは実はオバサンです。
[PR]
by aikiki2001 | 2013-05-19 21:13 | ほん | Trackback | Comments(0)

てつ

a0002447_013084.jpg


ほあしかのこ「新・鉄子の旅」読了。

作者が変わってメンバー変わっても基本的には鉄子の旅と同じ。
陽気な作者のキャラクターが良いが、さすがに飽きた。

なんだか理屈っぽいあたり「美味しんぼ」を読む感覚にも近いような気がした。
[PR]
by aikiki2001 | 2013-04-25 00:08 | まんが | Trackback | Comments(0)

ポー!

a0002447_7243443.jpg


卯月妙子「人間仮免中」読了。

マンガとしては最低レベルの絵だが、内容は迫力に満ちる。とりわけ入院から退院に至る過程がすごい。

不幸自慢とは違う、生きててよかった、という物語である。
[PR]
by aikiki2001 | 2013-01-16 07:39 | まんが | Trackback | Comments(0)

似たようなタイトルがありましたな

a0002447_23454724.jpg


河口俊彦「盤上の人生 盤外の勝負」読了。

河口老子の集大成的な棋士像+棋譜解説少々。

おおむね一度は読んだエピソードという感じだが、この文章が一番しっくりくる気がする。
最近の棋士についても語っていただきたいものである。
[PR]
by aikiki2001 | 2012-11-27 23:51 | ほん | Trackback | Comments(0)