ブログトップ

地下鉄風

aikiki.exblog.jp

息吹はSFの息吹

a0002447_9452996.jpg


山岸真編「SFマガジン創刊700号記念アンソロジー」読了。

何となく、海外SFってジャンルは他のジャンルよりアンソロジーが多い気がするのだが気のせいだろうか?

これは既刊短編集に未収録な短編ばかりを集めたものなので、全部初読。その分、珍品の集合になるかと言えば、そうでもない。実際、それぞれの作家の最高作は別にあると思うが、これはまずまずのレベルだと思う。

ティプトリーの「いっしょに生きよう」はなかなか。何故これが入った短編集だけ刊行されないのか分からない。とは言え、その事に腹が立つほどのティプトリー熱はもうない。

それよりも、テッド・チャン「息吹」。翻訳の前に作品自体、短編集1つだけしか出ていない現状だが、この人の短編は全部面白い。このレベルが読めるのであれば、海外SFは一生追いかけるべき、と思う。
[PR]
by aikiki2001 | 2015-04-26 10:04 | ほん | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://aikiki.exblog.jp/tb/21161961
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 超ロングスパートの能力 場合分けして全部潰す >>