人気ブログランキング |
ブログトップ

地下鉄風

aikiki.exblog.jp

<   2018年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

常識とは?

a0002447_13335721.jpg

峯相山下山後に見た写真。

意図はわかるが、看板に常識を問われるとはねぇ。入山して良かったのだろうか?


by aikiki2001 | 2018-12-30 13:33 | くるぶし | Trackback | Comments(0)

リアルはエピソードの積み上げによる

a0002447_09322325.jpg

奥田英朗「我が家のヒミツ」読了。

家シリーズ第3弾。

全部話の作りは同じだが、変わらずハイクオリティな短編群である。

日常のリアルな人情話が心地よく、いくらでも読める感じ。解説に小さなエピソードの積み上げで出来ている、とあるが、なるほどそのとおりだと思う。


by aikiki2001 | 2018-12-30 09:32 | ほん | Trackback | Comments(0)

昔の流儀

a0002447_09205112.jpg

松本清張「張込み」読了。

ミステリ的な意外性に欠ける、というか意図的に狙わない話が多いと思うが、中身の人間の情念とドラマには引き込まれる。

現代作家はもっとスマートにまとめるだろうけど、内容的にはこっちの方が充実してるのかもなあ、と思ってみたり。


by aikiki2001 | 2018-12-26 09:20 | ほん | Trackback | Comments(0)

ちびまる子ちゃん最終巻

a0002447_21165880.jpg

さくらももこ「ちびまる子ちゃん」読了。

もう新作は読めないのかと思ってた所で本当に最終巻が出た。

やっぱアニメや同時発売の「ちびしかくちゃん」に比べても、コミックの本編はクオリティが高いと思う。

アニメだけのネタとかまだまだいっぱいあったと思うし、それがコミックになってればな、と思う。

アニメしか知らない多くの人たちに、今からでもコミックを読むべし、と薦めたい。


by aikiki2001 | 2018-12-25 21:16 | まんが | Trackback | Comments(0)

歩いて帰ろう

a0002447_21060113.jpg
姫路駅まで電車で行って、歩いて帰った。

グーグルマップでは3時間半のルートだが、トータル6時間の散歩。
無事帰ってこれたが、足の裏が痛い。

途中、フライドポテトとホットドックと回転すし食べて、多分計2時間くらい休憩しているが、果たして痩せたかどうか?


by aikiki2001 | 2018-12-24 21:16 | すぽーつ | Trackback | Comments(0)

このミス上位をつぶしていく

a0002447_10150253.jpg

大沢在昌「新宿鮫」読了。

今さらながら読了。

ちょっと古臭い所もあるが、すっとテンポ良く読める。何かすごいものがある訳ではない、バランスのとれたスマートなお話という感じ。



by aikiki2001 | 2018-12-24 10:14 | ほん | Trackback | Comments(0)

有馬2018

a0002447_19512473.jpg

有馬記念はずれ。

レイデオロが外枠だから馬連広め、という第一感のままで行けば取れたかもしれない。

だが、アンカツのキセキ推しに引きづられ、マイルチャンピオンシップに続く3才馬軽視で残念な結果に。

今年は2レースしかやってないので、ダメージは小さいが、やっぱ当てたいよなあ。




by aikiki2001 | 2018-12-23 19:51 | すぽーつ | Trackback | Comments(0)

犬探しはちょっとだけ

a0002447_12560382.jpg

米澤穂信「犬はどこだ」読了。

犬探し、と思いきや、ほぼ人探しの探偵もの。途中から二人の探偵の一人称が交互する文章は独特だが読みやすくて悪くない。

スイスイ進んで一昔前ながら、現代的な題材もよし。ただ、ラストはなかなか複雑な終わり方で普通じゃない。


by aikiki2001 | 2018-12-16 12:55 | ほん | Trackback | Comments(0)

NHK電波

a0002447_09405830.jpg

今年3回目の金輪山。

何も無い週末はこのくらいの運動がよい感じ。

寒いが自分へのルールにしよう。

…できるかしら?


by aikiki2001 | 2018-12-16 09:40 | すぽーつ | Trackback | Comments(0)

海街おわった。

a0002447_11364169.jpg

吉田秋生「海街diary」読了。

鎌倉を舞台とした群像劇。胸キュンの青春恋愛から、難しい家族の人間模様まで詰め込んだ物語。

特に前半は胸にしみるドラマが連続する傑作。…だったような気がする。

長くなるとだれるし、忘れてしまうのよねぇ。





by aikiki2001 | 2018-12-15 11:36 | まんが | Trackback | Comments(0)